岐阜にお住まいで税理士をお探しの方は【税理士法人心 岐阜税理士事務所】

税理士法人心

生命保険の受取り時にかかる税金に関するQ&A

  • 最終更新日:2022年11月14日

親が亡くなり、私は長男なのですが、生命保険を受け取ると相続税がかかりますか?

契約者及び被保険者が被相続人の場合で相続人が受取人となっている場合は、受取人に相続税が発生する可能性があります。

生命保険は、500万円×法定相続人の人数の金額まで非課税となり、その金額を越えた部分が相続税の課税財産となります。

また、相続財産が3000万円+600万円×法定相続人の人数で算出される基礎控除額を越えた場合に、相続税が発生します。

例えば、相続人の人数が2人の場合であれば、1000万円までは非課税で生命保険を受け取ることができ、他に財産を相続しないのであれば相続税を納める必要はありません。

相続人ではなく孫なのですが、祖父の生命保険を受け取る場合に相続税がかかりますか?

まず、上記で述べたとおり、相続財産が3000万円+600万円×法定相続人の人数で算出される基礎控除額を越えた場合に、相続税が発生します。

そして、相続人の人数が2人の場合、1000万円までは非課税で生命保険を受け取ることができるのですが、この生命保険の非課税枠の適用を受けることができるのは相続人に限定されます。

そのため、そもそも相続人でない孫の場合は、生命保険の非課税枠の適用を受けることができません。

基礎控除額を越え、相続税が発生する相続財産があれば、生命保険を受け取る孫は、相続税を支払う必要があります。

契約者が父親、被保険者が母親、受取人が長男という保険の場合、生命保険の受取り時に税金はかかりますか?

この場合、母親が亡くなり、長男が生命保険を受け取ると、長男に贈与税が課されます。

生命保険というと、相続税がかかるとばかり考えられがちです。

しかし、このようなケースでは、実質的には、保険料を支払った父親から、母親が亡くなったことをきっかけに、長男に保険金という名目でお金が移動している、つまり贈与と考えることができます。

そのため、年間110万円の基礎控除額を超える部分について、贈与税が課されることになるので、注意が必要です。

税理士紹介へ

スタッフ紹介へ

お問合せ・アクセス・地図へ

お問合せ・アクセス・地図へ